お店選び

洗濯機と洗剤

制服をクリーニングに出すときには、お店選びは大切です。サービスもお店によって異なります。安いからといっていいお店とは限りません。いいお店の見極め方があるので簡単に紹介します。

出す前に

洗濯バサミ

クリーニング店に制服を出す前に、制服の現在の状態を把握しておきましょう。もともとあったボタンが、クリーニングに出して戻ってきたらなくなっていたということもあります。事前のチェックは大切です。

時間に合わせて

掃除中

クリーニングに制服を出したくても、時間がなくて、忙しくてなかなか持って行くことが出来ない人がいます。そんな人は宅配クリーニングを活用しましょう。コンビニのように24時間対応の業者もいます。

保つために

親子で洗濯

日本には、制服文化というものがあります。
学校へ行くときも、高校生までは制服のところがあります。
飲食店や会社でも、社員が同じ制服の着用を義務づけているところがあります。
制服は、人の身なりを礼儀正しく見せたり、清潔感を印象づけたりといい面が多いものです。
そんな制服は、会社で一括して行っているところもあれば、学校の制服同様、自分で洗わなければならない場合があります。
自分で洗うと、型くずれしたり、色あせたりと、制服が傷む可能性があります。
そんな時に便利なのが、クリーニングです。
ただ、出したからといって安心なわけではありません。
ボタンが外れて戻る場合など、嫌な思いをする時もあります。
そうならないために、制服を出すときにはクリーニング店を見極める必要があります。

制服を出して戻ってきた時に、色が変わってしまうと大変です。
制服だと、上下で色が違うとなると清潔感や統一性に欠けてしまいます。
また、サイズが変わってしまった、飲食店などの制服でシミがついていたのが落ちきれていないなどであれば、出す意味がなくなってしまいます。
トラブルが起きないように、クリーニング店選びは大切です。
何かあった時に、責任を負いませんとクレームを拒否する業者も中にはあります。
値段もお得で、かつ安心して制服などの衣類を任せられる業者選びを心掛けましょう。

現在はネット社会で、情報収集も苦なく行なうことが出来ます。
もし出したい時、どの業者がいいか迷ったときは、口コミサイトなども活用しましょう。
サイトには、業者や平均価格などの表示もあるので、比較もできます。
また、持ち込みのものだけでなく、宅配クリーニングもあります。
仕事が忙しく、子どもの学校の制服の管理ができない、仕事で使う制服を洗えないという人には適しています。
行っている業者のサイトもあるので、自分の生活スタイルに合わせてお店もしっかり選びましょう。